三国志乱舞のゲームバナーデザイン:1

シェアする

三国志乱舞のバナー

バナーのコピー

諸葛孔明
いざ、乱舞戦!
今すぐプレイ‼︎

バナーの構成

キャラクターの顔のどアップが目を引く三国志乱舞のバナーです。

見たい場所とつい見ちゃう場所が反する構成
人の視線は左から右、そして左下→右…というFの字の流れ、もしくはZの字の流れになりやすいといわれています。
それを意識しながら構成を考えたり、デザインに落とし込んだりしていると思うのですが、このバナーにおいては右側の顔のアップがアイキャッチになっていますので、いきなり右側に視線誘導するような構成になっています。
このバナーを見たとき、「諸葛孔明」の文字を認識するかしないかといった瞬間に、もう右側の顔の方に意識が向いていませんか?
一旦キャラクターの顔に視線が移ったあとは、「いざ、乱舞戦!」のコピーから、左側のキャラクターの胸元に視線が行く人と、右下のロゴならびに「今すぐプレイ‼︎」のコピーに視線が行く人、もしくは視線が泳ぐ人に分かれているのではないかと推測します。
これは、「見たい場所」と画面内のコントラストが相反してることで、視線誘導の線が綺麗に引かれていないことに起因すると思われます。
私がこのバナーを見たときは「女の子のキャラクターが見たいのに、コントラストが高くて目に付きやすいロゴや下部の黒帯に目が行ってしまう」という状態が起こりました。
右側の顔のアップによって画面内に抜け感が出ているので、明るい部分から暗い部分=ロゴや黒帯へと視線が向かいやすくなっているためです。

コピーの処理と内容を見直せばもっと良くなりそう
個人的には、「いざ、乱舞戦!」のコピーのデザインをもっと目立たせて(明朝体をゴシック体にしたり、白抜き+太黒縁+シャドウにしてコントラストを強める等)、強引に左側へと視線を戻させた方が効果的ではないかなと思います。
また、これだけキャラクターが全面に出ている構成ならば、キャッチコピーもキャラクター寄りのものや、問いかけや誘いのようなもの、このキャラクターを使用するイメージが具体的にわきそうなもの等、もっと効果的なものがあるのではと思います。

全体的にコントラストが低い割にインパクトがあるバナーなので、ちょっともったいないなあ…と思います。

このバナーの評価

総合評価 ★★★☆☆
レイアウト ★★★☆☆
インパクト ★★★☆☆
コピー類 ★★☆☆☆
収集日 2015/1/12
タイプ キャラクター/印象
三国志乱舞のダウンロードはこちらから

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です