Rumble City(ランブルシティ)のゲームバナーデザイン:1

シェアする

Rumble City(ランブルシティ)のバナー

バナーのコピー

「白猫プロジェクト」のコロプラが贈る
新感覚街づくりゲーム
※ゲーム画面は開発中のものです
ついに事前登録スタート!

バナーの構成

とても賑やかな印象の、ランブルシティのバナーです。

白猫ブランドとコロプラブランドをオシていて、ゲーム紹介や事前登録のインセンティブは記載していません。
ランブルシティの別パターンのバナーでは、事前登録のインセンティブをオシているものがありますので、様々な切り口のクリエイティブで効果検証をしているのだと思われます。

動きのあるよく目立つコピー
このバナーでは、ブランド名オシのコピーの後ろにピンクのグラデーションをかけた帯を引くことで、きちんと目を引くように工夫されています。
「新感覚 街づくりゲーム」のコピーのほうも、表示サイズが大きく、コントラストもついているので見やすいですね。また文字に歪みをつけることで動きが出ています。
ピンク帯の部分も少し斜めに配置されていますので、2つのコピーを合わせて、より画面に変化が出ています。
メインのコピーが、ちゃんと目を引きやすい作りになっていて良いなあと思います。

埋没してしまったロゴの存在…このロゴって必要?
一方、ゲームのロゴは、賑やかな背景に完全に埋まってしまっています。
視線誘導的に、上部コピーからセンター下部にいる女性、事前登録ボタンという流れの中に配置されてはいるものの、カラー的にもコントラスト的にも、ロゴが全然目立っていません。
ロゴより上位の階層に女性キャラクターが配置されていることからも、このバナーにおいてゲームのロゴはあまり重要な扱いではないのだと想像できます。
この扱いだと、ロゴがなくてもいいんじゃないかなあと思ってしまいますね…。
ロゴをなくした分、キャラクターや、ゲームを象徴する他のイラストを大きく扱った方が目を引きやすくなるような気がします。

アイキャッチ付きでしっかりと主張された登録ボタン
一際目立つ登録ボタンの部分は、女性キャラクターがアイキャッチにもなっていて、確実に目を引くように構成されています。
色数が多く、爽やかな青味がベースになっている背景に、赤いボタンが非常に良く目立っていますね。

情報量が多くゴチャゴチャとしていますが、全然的に、見せたい内容をしっかりと目立たせている良い作りだなと思います。

釣り要素がない分、質の高いユーザーが確保できるかも
インセンティブで釣らない分、コピー内のキーワード(ブランド名や街づくり等)やイラストから、興味を持った人がクリックする…つまり、このバナーから事前登録をした人は、インセンティブをオシたバナーから誘導された人よりも、リリース後の起動率が高かったり、継続率が高い傾向になるかもしれません。

実際のところはどうなるのか…知りたいですね!

このバナーの評価

総合評価 ★★★☆☆
レイアウト ★★★☆☆
インパクト ★★★☆☆
コピー類 ★★★☆☆
収集日 2015/2/17
タイプ キャッチコピー

Rumble City(ランブルシティ)の公式サイト


シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です